システム開発アウトソーシング

社内である仕事の分野の専門的な知識を持つ社員がいなければ一から社員を
育成しなければならず、手間と時間がかかります。
アウトソーシングとは外部にある資源つまりある分野に関して専門的な知識を持つ人材等を必要な時に必要な分だけ利用することを指します。
専門知識を持っているので問題解決はもちろんですが問題の未然防止にも貢献するはずです。また、社員を一から教育する必要がないので社内のコアな業務以外を外部に委託することで社員を社内のコアな業務に集中させることができます。

納品までの流れを大まかに説明すると、現状調査及びシステムに関する相談、お見積り、システム設計、サーバーテスト、納品という流れになります。

システム開発を完全に依頼する前に大事工程がありそれが
RFI(情報提供依頼書)、RFP(提案提供依頼書)、RFQ(見積もり依頼書)の提出を
システム開発会社に促すことです。なぜなら、その会社がどういった技術力を持ち、どのようなシステムを作れるのか、そのシステムを作ることによってどう社内の業務が改善されるのか、そしてどのくらいの費用がかかるのか等を文書として明確に提出させることで発注を行う企業にとってシステム開発に関してより理解が深まるからです。
また、この工程を行わずシステムに関して両者の同意が無いままシステム開発に踏み切ると後々修正するのに時間がかかる可能性もあります。
なので、この段階で両者の考え・要求がまとまっていると
開発途中で大幅に修正する必要がないかもしれません。