カテゴリー別アーカイブ: メインメニュー

システム開発 発注

システム開発の主な流れですがまず発注者側がどういったシステムをなぜ開発したいのか、どんなユーザーに使ってもらいたいのかなどの相談及び調査から始まり、大まかな提案書・見積もりを提示されます、そこからより明確な内容、開発期間などを協議していき正式な提案書・見積もりを作成します。
この段階で大事なのがRFI(情報提供依頼書)、RFP(提案依頼書)そしてRFQ(見積もり依頼書)です。

まずRFIですが、これは開発を依頼する前に依頼したい会社の技術力、そのシステムを使うことでどんなメリットが生まれるのかなど
を検討したい際に依頼したい会社から提示される文書の事を言います。

次にRFPですが、これは、発注者が実際どこに開発を依頼するのかを決めた場合、
その会社はどのような内容のシステムを作れるのか等の提案が記載された文書を指します。
提案された情報が発注者側にとって同意できるものなのかどうなのか、
ここで発注者側が情報提供を促さず、受注会社との同意がないまま進むと開発途中で混乱が生まれる可能性があります。
また、開発途中で大きな変更点が出た場合、修正するのに時間がかかるので
この段階でRFPの提出を促し、提案されたシステムに対する要求を出せておけると後々スムーズに開発が進むかもしれません。

RFQは上記の内容で発注した場合どのくらいの費用がかかるのかについて提示される文書を指します。
上記の段階が終わり発注、システム開発、完成したシステムのテスト、納品という流れになります。

納品までにかかる時間ですが小規模なシステム開発なら約1カ月、通常なら3~12カ月程かかります。

費用についてですがシステム別に分けてみると下記のようになります。
・システム開発の場合94万円~
・WEBシステム開発の場合51万円~
・EC構築の場合68万円~
・データベース構築の場合66万円〜
・サーバ構築の場合85万円~

システム開発を発注する際は以上のポイントに着目してみてください。

システム開発アウトソーシング

社内である仕事の分野の専門的な知識を持つ社員がいなければ一から社員を
育成しなければならず、手間と時間がかかります。
アウトソーシングとは外部にある資源つまりある分野に関して専門的な知識を持つ人材等を必要な時に必要な分だけ利用することを指します。
専門知識を持っているので問題解決はもちろんですが問題の未然防止にも貢献するはずです。また、社員を一から教育する必要がないので社内のコアな業務以外を外部に委託することで社員を社内のコアな業務に集中させることができます。

納品までの流れを大まかに説明すると、現状調査及びシステムに関する相談、お見積り、システム設計、サーバーテスト、納品という流れになります。

システム開発を完全に依頼する前に大事工程がありそれが
RFI(情報提供依頼書)、RFP(提案提供依頼書)、RFQ(見積もり依頼書)の提出を
システム開発会社に促すことです。なぜなら、その会社がどういった技術力を持ち、どのようなシステムを作れるのか、そのシステムを作ることによってどう社内の業務が改善されるのか、そしてどのくらいの費用がかかるのか等を文書として明確に提出させることで発注を行う企業にとってシステム開発に関してより理解が深まるからです。
また、この工程を行わずシステムに関して両者の同意が無いままシステム開発に踏み切ると後々修正するのに時間がかかる可能性もあります。
なので、この段階で両者の考え・要求がまとまっていると
開発途中で大幅に修正する必要がないかもしれません。

WEB発注システム

web発注システムとは電話やFAX等で商品を発注するのではなくweb上で発注できるシステムの事を指します。
web発注システムの利点として挙げられるのが発注作業が簡略化され、受発注のミスがほぼ無くなるということです。
従来のやり方だとどうしても受注側が発注データの入力等をする際に人手も時間もかかりデータの入力ミスが起きる可能性がありました。
その結果、出荷の遅れや違うものが届く等のミスが誘発され発注者に迷惑をかけることがありました。
ですがweb発注システムを使うことで受注側のデータ入力作業が簡略化される為そういったミスが起きにくくなります。
また、web発注システムを利用することで発注履歴からの再発注、
注文・出荷状況確認、必要なものをキーワード・カテゴリー検索にかけて発注する等が
行えるので発注作業・確認が従来に比べ比較的簡単に行うことができます。

このweb発注システムですが手数料がかからな場合もあればかかる場合もあります。
手数料がかかる場合の例として配送料を引いた商品の価格より10%の手数料がかかる事もあります。

WEB受発注システム

web受発注システムとは電話・FAXで行っていた従来の受発注作業をweb上で行う
システムの事を指します。
ではこのシステムを使うことにより受注側・発注側にどのような利点があるのでしょうか。
まず、受注側のメリットですが注文はweb上で受け付けているので従来のように一度受注した物をデータとして入力する必要がありません。
つまりweb受発注システムを利用することでデータ入力の際に起きがちな入力ミスが大幅に減り、作業がより簡略化されます。

次に発注者側のメリットですがこのシステムを使うことで上記で述べたような受注者側によるミスが減ります。
その結果、注文した物が納期に間に合う、誤受注の減少等に繋がります。
また、web上で発注できるのでいつでもどこでも発注を行え、web上で注文履歴・必要な商品の在庫の確認が簡単に行うことができます。
つまり、従来のように確認の度に電話やFAXをする必要が無くなります。

次に受発注者にかかる費用についてですが、
このシステムを発注者側が利用するにあたり手数料が発生する場合があります。
手数料が無料の場合もありますが有料の場合、配送料を引いた商品の価格の約10%~15%を払う必要があります。

次に受注者側がこのシステムを使う場合の費用ですが
まずこのシステムを使う場合web受発注システムにはASPそしてフルスクラッチの2種類あることを念頭に入れてください。
ASPを利用する場合は既存のシステムに合わせて自社のシステムを作る事が出来ます。
つまり、受発注システムをどういったものにすべきかまたはどういう受発注システムが良いのか悩んでいる方はASPの方がいいかもしれません。
フルスクラッチの場合はASPとは違い自社用に一からシステムを作り上げることができ、ASPに比べシステム開発の自由度が高いので
もうすでにどういった受発注システムを構成べきかの考えをお持ちの方はフルスクラッチの方がそのご要望にお応えできると思われます。

ASP・フルスクラッチの相場および納品に関してですが
ASPの場合無料で使えるものから初期費用に150万円+αかかるシステムまであり価格帯は幅広いです。
納期の目安ですが大体1~4カ月かかる場合があります。
次にフルスクラッチですが無料のものはありませんが、費用としてはおよそ初期費用に20万円+月額35,000円のものや制作に30万円かかる可能性のあるシステムもあり、
こちらもどんな受発注システムを作るかによって価格帯は異なってきます。
納品物の目安ですがフルスクラッチの場合先ほど述べたように一からシステムを作る必要があるのでASPに比べ納品に時間がかかりますので約1~12カ月かかる事もあります。

WEB受注システム

WEB受注システムを使うことにより、電話やFAXのよる受注業務、出荷の手配等の煩雑な作業をより簡単にし大きく効率を上げます。

 

主にWEB受注システムはASP・スクラッチなど主に2種類あり、スクラッチの開発にかかる期間はおよそ2~4ヶ月かかる場合があります。
ASPは、既にパッケージ化されたものを使用するため、費用を抑える事が可能です。
しかし、社内の業務が複雑なフローの場合、ニーズに沿ったシステムにカスタマイズできないなどスクラッチ開発と比べて自由度が低いです。

 

スクラッチの場合は一から自社用にシステムを作ることが可能なのでASPに比べ自由度が高いです。
価格の相場はASPの場合、無料で使えるシステムもありますが中には初期費用に150万円+αかかるシステムもあります。
スクラッチの場合は、見積もり次第ですが月額35,000円+初期費用20万円かかる場合もあります。

 

従来のように電話またはFAXを用いた受注作業または受注データの入力等には人手も時間もかかり受注側のミスが誘発されます。
その結果、出荷の遅れや発注者に定数の品が送られない等の事態が起きる可能性があるので
そこでWEB受注にすることで煩雑な作業が無くなり受注側の作業が大幅に減ることでミスが減り効率が上がり、顧客サービスの向上にもつながります。

 

また、WEB受注サービスを使うことで注文状況の照会・メールによる発注確認や、入荷待ちなどの情報も素早く入手することができ、
納品書は自動で発行されたものを印刷することが可能であったり、データとしても残るので伝票と請求書を何度も比べる必要がありません。

システム開発 外注の体験談

私がシステム開発の会社で働いていたときのことです。
ネットショップの制作の案件があり引き受けたものの、その時は忙しかったため、外注し業者に頼むことにしました。
費用はあまりかけれなかったので、中小IT企業よりも低価格なSOHO事業者に依頼しようと考えました。
インターネットで探してみると、会社の近くで営業しており、コミュニケーションを頻繁にとれそうな事業者を見つけたので連絡し、すぐに会ってみることに。
会うと気さくな人で、過去の実績を見せてもらったのですが、とてもクオリティが高く、ネットショップ構築にはかなり慣れているとのことでした。
なのでこの事業者に依頼するため、見積をもらいましたが、料金が想像していたよりも安かったのを覚えています。
契約を結び、必要な機能やデザイン等を正確に伝えました。
納期の1周間前には完成し、検収をしてみると、とても良い出来で少しの修正をしてもらい納品してもらいました。
その後、ネットショップを開いて1ヶ月程たった頃、システムに不具合が起きました。
すぐに修正してもらおうと、外注した事業者に電話したのですが繋がらず…。
その事業者はすでに廃業したとのこと。
ネットショップの修正は自社おこないました。
それにしても、突然廃業するなんて夢にも思っていなかったので驚きました。
SOHO事業者はあくまでも個人経営であり、トラブルが起こる可能性があることを、もう少し慎重に考えればならないと学びました。

売上を伸ばす!初心者でも簡単、ECサイト制作とは

ECサイト制作して売り上げを伸ばしてみようとみようと思ったことはありませんか?

実は、ECサイト制作って想像しているより簡単なんです! さらに自分のホームページを持っていればより簡単にECサイトを制作できます。
ECサイト制作のために自分でHTMLやCSSを新たに勉強する必要はありません。既にあるネットショッピングの機能を自分のサイトに組み込んでECサイトを制作することができます。
おすすめのECサイトを3つご紹介します。

■BASE(ベイス)
https://thebase.in/
ネットショップ作成が30秒で。しかも完全無料です。ネットショップをつくるのに、もう「勉強」と「お金」は必要ありません。今までECサイトを作りたくても時間・お金・技術さまざまな理由で始められなかった、そんな全ての方の悩みを解消するサービスです。

■Yahoo!ショッピング
http://business.ec.yahoo.co.jp/shopping/
お店の規模にあった出店方法「プロフェッショナル出店」「ライト出店」の2つの方法が選べます。最短5分でお店をつくることができるので、こちらも初心者の方でも安心です。

■Denaショッピング
http://www.dena-ec.com/store/index.html
DeNAショッピングではPCはもちろんスマートフォンでのお買い物にも注力しています。
スマートフォンユーザーの購買行動に合わせて機能のアップグレードを行われています。PCと遜色ない表現で商品を画像と合わせてアピールすることが可能です。

この他にもプログラミング不要でECサイトを構築できるサービスはたくさんあります。しかし、自社の販売形態にあったECサイトを構築したい際には既存のものではなく、ビジネスマッチングなどを利用し、プロの制作会社に相談してECサイトを制作すると良いでしょう。

ECサイト構築に掛かる費用ってどのくらい?

お店のホームページを作っただけで満足していませんか?
ホームページ上でお客様の集客が出来るようになったらECサイトを構築して、ネット上で収益を確保しましょう。

オリジナルのECサイト(ネットショップ)の構築にかかる費用は、どんなことを希望するかによって費用が変動します。

パソコンの知識が豊富な方は、ご自身でECサイトを構築すると無料で制作することが可能です。(EC-CUBEなどのパッケージがあります。)

低コストですばやくECサイト(ネットショップ)を立ち上げたい。
すばやくECサイトを構築したときは雑貨屋や花屋、文房具屋のようECサイトを構築すると良いと思います。

  • ECサイト構築にかかる費用は、
    ・ECサイトのデザイン費
    ・販売する商品の数
    ・決済システムの有無(クレジットカード決済/銀行振込など)
    ・在庫管理など裏側の管理システムの内容
    によって数十万円から数百万円まで変動します。

まずは、プロの制作会社さんにご相談から初めてみましょう。
ビジネスマッチングサイトを利用するとたくさんの会社さんにご相談できます!

ECサイト運営

ECサイト運営の流れ

ECサイトの運営で発生する業務を、商品の仕入れ後から注文までの業務フローによって説明します。

商品を仕入れると、最初にECサイトに掲載するための商品のデータを作成します。商品画像や商品の説明文、商品サイズなど、商品に応じた掲載データを作成し、価格を決定して掲載します。

商品をECサイトに掲載し、ユーザーから注文が入ると、注文内容の確認や配送担当者への配送依頼など、注文にを受けてからの業務が発生します。

次に商品の在庫管理、配送では、物流担当者が商品を確認、ラッピングし、商品を出荷します。商品出荷後には返品や交換などが発生することもあり、返品・交換対応も在庫管理・配送業務に含まれます。

また自社のECサイト以外にショッピングモールへ出店していたり、実店舗を持っていたりする場合は、それらの店舗との価格、在庫状況、出荷の業務の連携なども必要です。

上記のように様々な業務が重なりあって、ECサイトは運営されています。

ECサイトパッケージの種類を調べてみた

ECサイト構築パッケージ

EC構築パッケージには、多数のパッケージがあります。その中からEC構築パッケージを探すにあたって大切なのは、どのようなネットショップを運営したいのか、そのイメージを具体的に持つことです。

EC構築パッケージには、無料で使える「オープンソース」のものと、「有料」で使用するものの2種類あります。

①オープンソースのEC構築パッケージ

オープンソースのEC構築パッケージ場合、無料で利用できる代わりに、設定やデザインの変更、カスタマイズなどの設定は自分かシステム会社に依頼して行わなければいけません。

②有料のEC構築パッケージ

有料のEC構築パッケージの利用にはEC構築パッケージを買い取る必要があります。パッケージ開発元の会社に依頼することで、高機能な機能の追加ができるものが多く、特に、大規模なネットショップで、在庫管理や店頭システム等と連携したいなど独自のニーズにこたえることができます。

EC構築パッケージを選ぶときのポイント

正直、ネットショップに必須の基本機能はどのEC構築パッケージを選んでもかわりません。比較のポイントは、「プラスアルファ」の機能です。

「プラスアルファ」の機能については、パッケージによって得意不得意があります。使いたい機能がなければ開発し機能追加をおこなわなければならず、初期導入費用やパッケージが安かったとしても、機能を充実させていく過程で、結果的に費用がかかり割高になってしまうことがあります。どのようなネットショップを運営していくのか、明確にイメージした上で、パッケージを選定することがる大きなポイントです。

ECパッケージを検討する際に、「必須の機能」「あると良い機能」「不要な機能」を書き出すことが重要です。

イメージしたネットショップの具体的な必要な機能を書き出し、もっとも近いEC構築パッケージを選択することがポイントとなります。