カテゴリー別アーカイブ: EC

売上を伸ばす!初心者でも簡単、ECサイト制作とは

ECサイト制作して売り上げを伸ばしてみようとみようと思ったことはありませんか?

実は、ECサイト制作って想像しているより簡単なんです! さらに自分のホームページを持っていればより簡単にECサイトを制作できます。
ECサイト制作のために自分でHTMLやCSSを新たに勉強する必要はありません。既にあるネットショッピングの機能を自分のサイトに組み込んでECサイトを制作することができます。
おすすめのECサイトを3つご紹介します。

■BASE(ベイス)
https://thebase.in/
ネットショップ作成が30秒で。しかも完全無料です。ネットショップをつくるのに、もう「勉強」と「お金」は必要ありません。今までECサイトを作りたくても時間・お金・技術さまざまな理由で始められなかった、そんな全ての方の悩みを解消するサービスです。

■Yahoo!ショッピング
http://business.ec.yahoo.co.jp/shopping/
お店の規模にあった出店方法「プロフェッショナル出店」「ライト出店」の2つの方法が選べます。最短5分でお店をつくることができるので、こちらも初心者の方でも安心です。

■Denaショッピング
http://www.dena-ec.com/store/index.html
DeNAショッピングではPCはもちろんスマートフォンでのお買い物にも注力しています。
スマートフォンユーザーの購買行動に合わせて機能のアップグレードを行われています。PCと遜色ない表現で商品を画像と合わせてアピールすることが可能です。

この他にもプログラミング不要でECサイトを構築できるサービスはたくさんあります。しかし、自社の販売形態にあったECサイトを構築したい際には既存のものではなく、ビジネスマッチングなどを利用し、プロの制作会社に相談してECサイトを制作すると良いでしょう。

ECサイト構築に掛かる費用ってどのくらい?

お店のホームページを作っただけで満足していませんか?
ホームページ上でお客様の集客が出来るようになったらECサイトを構築して、ネット上で収益を確保しましょう。

オリジナルのECサイト(ネットショップ)の構築にかかる費用は、どんなことを希望するかによって費用が変動します。

パソコンの知識が豊富な方は、ご自身でECサイトを構築すると無料で制作することが可能です。(EC-CUBEなどのパッケージがあります。)

低コストですばやくECサイト(ネットショップ)を立ち上げたい。
すばやくECサイトを構築したときは雑貨屋や花屋、文房具屋のようECサイトを構築すると良いと思います。

  • ECサイト構築にかかる費用は、
    ・ECサイトのデザイン費
    ・販売する商品の数
    ・決済システムの有無(クレジットカード決済/銀行振込など)
    ・在庫管理など裏側の管理システムの内容
    によって数十万円から数百万円まで変動します。

まずは、プロの制作会社さんにご相談から初めてみましょう。
ビジネスマッチングサイトを利用するとたくさんの会社さんにご相談できます!

ECサイト運営

ECサイト運営の流れ

ECサイトの運営で発生する業務を、商品の仕入れ後から注文までの業務フローによって説明します。

商品を仕入れると、最初にECサイトに掲載するための商品のデータを作成します。商品画像や商品の説明文、商品サイズなど、商品に応じた掲載データを作成し、価格を決定して掲載します。

商品をECサイトに掲載し、ユーザーから注文が入ると、注文内容の確認や配送担当者への配送依頼など、注文にを受けてからの業務が発生します。

次に商品の在庫管理、配送では、物流担当者が商品を確認、ラッピングし、商品を出荷します。商品出荷後には返品や交換などが発生することもあり、返品・交換対応も在庫管理・配送業務に含まれます。

また自社のECサイト以外にショッピングモールへ出店していたり、実店舗を持っていたりする場合は、それらの店舗との価格、在庫状況、出荷の業務の連携なども必要です。

上記のように様々な業務が重なりあって、ECサイトは運営されています。

ECサイトパッケージの種類を調べてみた

ECサイト構築パッケージ

EC構築パッケージには、多数のパッケージがあります。その中からEC構築パッケージを探すにあたって大切なのは、どのようなネットショップを運営したいのか、そのイメージを具体的に持つことです。

EC構築パッケージには、無料で使える「オープンソース」のものと、「有料」で使用するものの2種類あります。

①オープンソースのEC構築パッケージ

オープンソースのEC構築パッケージ場合、無料で利用できる代わりに、設定やデザインの変更、カスタマイズなどの設定は自分かシステム会社に依頼して行わなければいけません。

②有料のEC構築パッケージ

有料のEC構築パッケージの利用にはEC構築パッケージを買い取る必要があります。パッケージ開発元の会社に依頼することで、高機能な機能の追加ができるものが多く、特に、大規模なネットショップで、在庫管理や店頭システム等と連携したいなど独自のニーズにこたえることができます。

EC構築パッケージを選ぶときのポイント

正直、ネットショップに必須の基本機能はどのEC構築パッケージを選んでもかわりません。比較のポイントは、「プラスアルファ」の機能です。

「プラスアルファ」の機能については、パッケージによって得意不得意があります。使いたい機能がなければ開発し機能追加をおこなわなければならず、初期導入費用やパッケージが安かったとしても、機能を充実させていく過程で、結果的に費用がかかり割高になってしまうことがあります。どのようなネットショップを運営していくのか、明確にイメージした上で、パッケージを選定することがる大きなポイントです。

ECパッケージを検討する際に、「必須の機能」「あると良い機能」「不要な機能」を書き出すことが重要です。

イメージしたネットショップの具体的な必要な機能を書き出し、もっとも近いEC構築パッケージを選択することがポイントとなります。